商品検索

数量限定!在庫一掃セール!

車椅子販売センター法人営業部はこちら

初めてでも簡単!車椅子の選び方

坂道や砂利道もすいすい押せる車椅子

当店は正規販売店です

当店はトップメーカーと直接契約を結んでいる正規販売店です。各社との緊密な連携の下に、ご購入後のサポートも万全です。安心してご利用ください。

この通販ショップはブティックスが運営しています

店長のご挨拶

車椅子販売センターは、カワムラサイクル、日進医療器、ミキ、松永製作所、マキライフテックなど、車椅子専門メーカーと直接契約を結んでいる正規販売店です。メーカーとの緊密な連携で、ご購入後のサポートも万全です。
外出用に購入をお考えの方、姿勢が崩れやすい方などなどお客様のご要望にかなう最適の一台をご提案いたします。車椅子のことなら何でも相談下さいませ。

ご利用ガイド

電話受付時間

ご相談等がございましたら
専門スタッフがお手伝いします。
0120-915-801
月〜金(午前10時〜午後5時)
●電話でのご注文
●商品についてのご質問
●お探しの商品が見つからない
●商品の選び方がわからない
等々、ご遠慮なくお電話下さい。

商品のリクエスト

当ショップに掲載していない 商品で、購入を希望される商品がございましたら、下記のフォームにてご連絡下さい。可能な限り手配させて頂きます(お電話でも承ります)

お問い合わせフォーム

FAXでのご注文 注文用紙はこちら

営業カレンダー

車椅子ウォーカー

車椅子用スロープの選び方

スロープの長さについて

1)基本の角度

■傾斜角度10度(段差の約6倍)

傾斜角度10度がスロープの長さの基本になります。介助者の方がより楽に車椅子を押すことができます。
例)段差30cmに傾斜角度10度でスロープを設置したいとき
30cm×6=1.8m

2)自走する場合

■傾斜角度5度(段差の約12倍)

ゆるやかな傾斜です。車椅子に乗る方は、ほぼ自走で走行することができます。下りる時も加速がつきにくいので、余裕を持って自走しやすくなります。
例)段差30cmに傾斜角度5度でスロープを設置したいとき
30cm×12=3.6m

3)狭い場所に設置する場合

■傾斜角度15度(段差の約4倍)

かなり急な傾斜になります。傾斜角度15度以上の使用はおやめ下さい。また、電動車椅子の車種によっては登板能力は異なりますので、ご確認下さい。
例)段差30cmに傾斜角度15度でスロープを設置したいとき
30cm×4=1.2m

4)傾斜角度表

  介助者なしで使用
介助者なしで使用
健常者の方が介助
健常者の方が介助
通常に使用できる限界
通常に使用できる限界
スロープの長さ 対応段差 対応段差 対応段差
70cm 6cm 12cm 18cm
90cm 8cm 16cm 23cm
120cm 10cm 21cm 31cm
140cm 12cm 24cm 36cm
160cm 14cm 28cm 41cm
180cm 16cm 31cm 47cm
200cm 17cm 35cm 52cm
250cm 22cm 43cm 65cm
300cm 26cm 52cm 77cm
350cm 30cm 60cm 90cm

※スロープの機種によって数値は変化します。表は目安としてお使い下さい。

車椅子用スロープをタイプで選ぶ

レールタイプ

レールタイプ

持ち運びやすく設置が簡単です。また、価格もリーズナブルです。

一枚板タイプ

一枚板タイプ

介助者もスロープの上に乗ることができ、介助しやすいです。

ページ上部へ